スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激闘劇場-01 -開幕-

発端は1本の電話だった。

男は切り出した。
「今度の京都の大会さ、いづがさー、一緒に出てっていうんだ。
闘劇優勝したからチームメンバーは招待選手ってことで、移動代出してくれるらしいんだけど、
組んでくれる人ないんだって。
KOに電話したんだけど出ないし…ラオウいかない?」

闘劇は女に一回戦でやられ、屈辱の一回戦負けを喫した。
さらには当時の関東のスタイルを嘲笑するかのような、準決勝・決勝の6タテ劇。
俺は煉獄に身を焼かれる思いだった。

しかし。
あの6タテが本当に実力から来たものだったのか。
それを最も近くで確認するいい機会なのではないか。
関東勢の参加も少ないと聞いている。
ボス一人いるだけで壇上、いや優勝の可能性だって相当なものだ。
それに、もしあの野郎が何か特別な勝ち方を持っていたのであれば
知ればも何かの役に立つのだろうと打算した。

「いいよ、行こう」






…めんどくさくなったので終

次回バス編-混沌の渦-
バーチャ勢の無法がギルティ勢に襲いかかる…!

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

Google
プロフィール

ボス/けんぞー/ラオウ/メスター/松田/カズヤ

Author:ボス/けんぞー/ラオウ/メスター/松田/カズヤ
3rdをあらゆる角度から“斬る”。著者は随時募集中。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
AdSense
アフィリエイト・SEO対策
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。